スマレジ広報のブログ

iPadなどのタブレットを利用したPOSレジ『スマレジ』を展開する株式会社スマレジの広報担当者ブログです。

カテゴリ: スマレジ

もう9月!朝夕はぐっと過ごしやすくなりましたね。
先週末に、ノースリーブやサンダルは仕舞い込んで、ぼちぼち秋の準備をスタートしたところです。つま先が隠れるだけでも、秋っぽくなるよね。

さて、8月から、提供アプリの掲載も始まった「スマレジ・アプリマーケット」。ようやくスマレジのプラットフォーム化に向けてスタートラインに立てたわけですが、今回はこのアプリマーケットがどんなものなのか、そしてなぜ当社がアプリマーケットに取り組むのかについて、触れたいと思います。


スマレジ・アプリマーケットとは

一言でいうと、スマレジと連携して利用できる店舗向けのアプリストアです。iPhoneのAppStoreをイメージしてもらうと、わかりやすいかもしれません。
今後、続々とスマレジと連携して利用できる、飲食・小売・サービス業などありとあらゆる店舗に向けたアプリが掲載されていく予定です。つまり、これからは、ユーザーがアプリマーケット上で自由に連携アプリを選んで「私のお店のスマレジ」にカスタマイズして利用できるようになる、ということです。これは、かなり画期的です。




ユーザー数の増加・多様化とともに募る思い

さて、そもそも、なぜこのアプリマーケット構想が生まれたかというと...2011年のサービス開始から、現在では登録店舗数8万店舗を超えているスマレジのユーザーさんの声に耳を傾け続けた結果、わたしたちはあることに気づいてしまったのです。それは...

「お店」は、商材も業態も運営方法もものすごく多様性があり、さらに殆どの店舗さんがなんらかの店舗運営における課題を抱えている

ということです。そして

スマレジというサービスがすべてのお店のニーズに応えるのはあまりにも難しく、莫大な時間とコストがかかる

ということにも、気づいてしまいました。

気づいてしまった以上、店舗数が増えてユーザー属性が多様化すればするほど、このジレンマが募っていくことになります。そこで生まれたのが「アプリマーケット構想」です。


スマレジでお店のあれこれを叶えたい

もともと、スマレジは「スマレジAPI」というかたちでAPIを公開していたので、技術と時間があればスマレジと連携して利用できるアプリケーションやシステムを開発することは可能でした。実際、数年前からAPI連携サービスとして、ご紹介もさせていただいています。決済はもちろん、会計、飲食、EC関連システムなどがあり、これらの連携もたくさんのユーザーの皆さんに便利に利用していただいています。



でも、スマレジとしてもっと一つひとつの業種やお店に寄り添って、大小さまざまな要望に応えることはできないか?と考えたときに、この「スマレジ・アプリマーケット」というアイデアが浮かんだのです。

先にも少しお話しましたが、スマレジのユーザーは、小売店、飲食店から各種サービス、病院などの医療機関、イベント事業者など多岐に渡ります。そして、個々のユーザーが求める機能は、業種や業態によって大きく異なります。「スマレジ・アプリマーケット」は、多種多様な業種・業態の店舗を運営するスマレジのユーザーと、スマレジと連携して利用できるソリューションを開発する事業者・開発者をつなぐプラットフォームです。 スマレジユーザーは、管理画面のアプリマーケット上で店舗に必要な機能(アプリ)を検索し、スマレジと連携して利用することができます。また、ソリューション事業者・開発者は、開発者向けサイト「スマレジ Developers」上でAPIを活用してアプリケーションを開発し、アプリマーケットで販売することができます。 「スマレジ・アプリマーケットは」多様なニーズや課題を抱える店舗と最適なソリューションを提供する事業者・開発者をつなぐプラットフォームなのです。


アプリマーケットの先にあるもの

この先、順調にアプリマーケットが拡大してゆき、スマレジのユーザーが連携アプリをどんどん活用することで何が起きるでしょうか。ユーザーのニーズが叶ってゆくのと同時に、POSを中心とした「商取引に関するあらゆるデータ」がスマレジに集まってくることになります。連携アプリを通して、たとえば券売機のデータ、デリバリーサービスのデータ、ECのデータ、スタッフの勤怠に関するデータ、食材の仕入れに関するデータといった「POSデータ」に付随するさまざまなデータを蓄積することが可能になります。これらの複合的に絡み合う商取引データの分析を通して、販売の効率化、消費トレンドの可視化、未来の購買予測などを実現し、ユーザーに還元していくことも可能になるかもしれません。

わたしたちは、アプリマーケットの実現によるスマレジのプラットフォーム化を通して、皆さんの日々の経済活動と密接に関わりのあるデータを紐解き、未来の暮らしをより楽しく便利にしていくことを目指しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、7月21日のアップデートで、長らくお待たせしていた「セルフレジ」機能の提供がスタートしました!

「セルフレジ」機能は、スマレジを使って、来店したお客さまに注文から会計までを行っていただける機能になります。グローリー社の自動釣銭機かキャッシュレス決済のSTORESターミナル(旧コイニー)を連携利用していただくことで、無人でのお会計も可能です。

さて...セルフレジと一言でいっても、業態によってイメージする「セルフレジ」って、実はさまざまですよね。ユニクロやスーパー、コンビニなどに設置されている、自分でバーコードを読んで会計するレジが一般的にセルフレジと呼ばれていますが、実は、牛丼屋さんやラーメン屋さん、蕎麦屋さんでおなじみの券売機もセルフレジです。だって自分で注文してお会計してますよね?

というわけで、スマレジの「セルフレジ」としての使い方は、3タイプ。お店の業態に合わせて、利用方法を変えていただくことができます。わー便利。

smaregi_self_ex

いわゆる小売店での「セルフレジ」として、そして前精算の「券売機」として、さらに後精算の「精算機」としても利用できます。

通常利用しているスマレジをセルフレジとして使用できるので、たとえば夜は居酒屋として営業し、ランチタイムには定食を提供しているようなお店では、夜は通常のレジとして、昼だけ券売機として使用するなんてことも可能です。ランチタイムはなにかと忙しくなりがちなので、お客さまに前精算でお会計とオーダーをしてもらえると、とてもラクになるのではないでしょうか?

もちろん、新型コロナウイルス感染症対策のために「対面会計」を避けたいというお店さんにも、便利に使っていただけると思います。

そして完全にセルフレジとしてご利用いただく際に便利な、iPadや決済端末、レシートプリンターをセットできるセルフレジキオスクの販売もスタートしております。

smaregi_self_kiosk

セルフレジキオスクについて、詳しくはSTORESTOREで。

https://store-store.jp/products/recommend_01?_ebx=153.142.239.60.1457083114.7bxnbea

また、セルフレジ機能の設定方法は下記で詳しくご紹介しています。

https://smaregi.jp/news/product/20200721630.php


時代に合わせた新機能、是非使ってみてくださいね。

※スマレジのプレミアムプラスプラン以上をご契約いただく必要があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社スマレジは、2/13〜14に目黒・ホテル雅叙園東京で開催されている最大級のITエンジニアの祭典 Develpoers Summit (通称デブサミ) のスポンサー企業として、ブース出展&セッションに登壇をしております。



登壇、聞きに来てくださった方いますか???
“お店の実力を、数字で見えるようにしたい”でおなじみ、POSデータ分析のTOUCH POINT BIを展開しているEBILABさんと一緒に、下記のようなタイトルでトークセッションをさせていただきました。

批評家不要!気がつきゃ全員エンジニアリング。アジャイルなTeamでプロダクトを生み出し続けるスマレジとEBILABの挑戦とこれからの企業の存在意義
84760145_601299587316297_7612894673928978432_n
ながっ!タイトル長い。

実はエンジニア向けのこういったイベントにブースを出展して、セッションにまで登壇するのは初めてのこと。代表の山本も、学びがたくさんあったようです(わたくしは現地に行けなかったのですが)。


次回は絶対ウケてやる!って、会場どんな雰囲気だったんでしょうか...参加した皆さんのレポートを待ちたいと思います。

さてさて、来週以降も各種展示会、イベントへの出展予定がございます。コロナウイルスの影響で中止や延期になってしまった案件もいくつかありますが...来週また告知をしますので、是非スマレジブースにお立ち寄りくださいませ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

早いものでもうクリスマス・イブですね。
今年も残すところあと1週間、営業日はたったの3日です。
IMG_3416
さてさて、スマレジの今年の年末年始休業は12/30〜1/3...前後の土日と合わせると、なんと9日間もお休みとなります。
期間中、ユーザーの皆さまにはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいますよう、お願い申し上げます。電話サポート(ヘルプデスク)は、休まず営業しておりますのでお気軽にご利用くださいませ。その他、各サービスにおけるサポート体制の詳細は、下記よりご確認いただけます。



東京オフィス始まって以来の史上最大規模、総勢50名近くでの開催となった忘年会も、先週金曜日に無事終わりました。1次会で帰ってしまったので2次会以降の出来事は知りませんが...。
毎年、その年に入社したメンバーが忘年会の幹事をやってくれるのですが、年末の忙しいなか色々ご手配ありがとうございました!私はほぼ初めて投げたダーツで「すごいタオル」が当たったので大満足です。ダーツの面白さがわからないので誰か教えてください。

今年最後のお知らせがあるんですが、明日以降にしますね。
皆さま素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月は税率改定直前ということもあり、取材ラッシュでした。
というわけで、今回はフジテレビの取材にご協力いただいた導入店さんの「パティスリー ウールーグー」をご紹介します!なんだか久しぶりの導入店紹介ですね。

「パティスリー・ウールーグー」があるのは、日暮里・舎人ライナーの熊野前駅です。恥ずかしながら初めて乗りました、日暮里・舎人ライナー。なんと、自動運転のモノレールだったんですね!!!綺麗な車両で景色もよくて、テンション上がる〜。熊野前駅からお店までは、徒歩5分もかかりません。都電荒川線沿いに、一軒家を改装した可愛らしい店舗が見えてきます。
IMG_1971
中に入ると、右手にイートインのカフェスペース、左手には生ケーキと焼き菓子がずらりと並んでいます。ウールーグーさんのようにイートインスペースを設けているお店は、今回の税率改定によって2種類の税率でのお会計に対応する必要があります。このブログをご覧の皆さんならご存知の通り、店内飲食は10%、持ち帰りは8%ですね。
IMG_1961
IMG_1963
IMG_1966
この日はスマレジの納品のために、カフェスペースの営業時間を変更してくださったようです。地元の皆さんがほっと一息つける、親しみやすいカフェという感じでしたよ。営業の佐藤がレジをセッティングしています。そしてそれを撮影する撮影クルーの皆さま。
IMG_1960
IMG_1968
iPadとPCの画面を確認しながら、操作方法を説明しています。こちらの納品の様子は、フジテレビの夕方の情報番組「LIVE NEWS it!」で放送されました。

ウールーグーのオーナーである桜庭さんには、インタビューにも答えていただきました!今後は売上分析などをメニュー開発にも生かしていきたい、今回の入れ替えをきっかけに、最新のPOSを活用してお客さまにもっと喜んで貰えるお店づくりに取り組んでいきたいという素晴らしいコメントをいただきました。

今回、軽減税率への対応をきっかけにスマレジに入れ替えた皆さん、せっかくなのでスマレジの機能を存分に活用して、より良いお店づくりに活かしてくださいね。会計時に入力する設定にしておけば客層のデータも蓄積できますし、商品別・時間帯別・曜日別での売上分析もできます。

そして、いよいよ増税まで残り3日!スマレジをご利用中で軽減税率対象商品の販売がある店舗の皆さん、準備は完了していますよね...!?念のため、こちらのページもご案内しておきます!

軽減税率対応の準備ページ

今回の税率改定にあたっては、たくさんのメディアさんから取材依頼をいただきました。当社は「スマレジ・タイムカード」といった勤怠管理システムや、セルフオーダーなどにも対応可能な飲食店向けシステム「スマレジ・ウェイター」といった サービスも展開しております。 店舗の働き方改革や生産性向上、業務効率化といったテーマで取材先もご提案できますので、いつでもご連絡くださいませ!

最後に、たくさんのお問い合わせをいただいている軽減税率対策補助金について。
こちらをご確認の上、締切厳守でお申し込みをいただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。
スクリーンショット 2019-09-27 14.19.34
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ