スマレジ広報のブログ

iPadなどのタブレットを利用したPOSレジ『スマレジ』を展開する株式会社スマレジの広報担当者ブログです。

カテゴリ: プライベート

先日(っていつ?)の連休の話ですが、地元の先輩と同級生で集まり(祭禮関連の)今後についてなどを話し合った翌日、完全に二日酔いだった私に、子供たちが「海に行きたい!」と言うので、泉州の誇る海水浴場「二色の浜」に行ってきました。


いま流行りのYouTuberがやっているというアスレチック鬼ごっこもやりたいとのことなので(そういえば併設の公園に遊具あったなと)二色の浜にしたのですが、遊具がそれ用に作られていない(繋がっていない)ので、鬼ごっこ出来ないんです。

遊び始めて数分で、そのことに気付きますよね、子供でも(汗)




「じゃあ、海に行こう!」と(笑)




子供たちの水着はカバンに詰め込んだものの、自分の水着は忘れたので、砂浜で荷物を見守りつつ待機していると、海にプカプカと浮かんでいる何かが目に入りました。


数分後、子供たちが遊んでる場所にどんどん近づいてくるんです。

内心、「早く気付け!」と思って観察していると、子供たちがそのプカプカ浮かんだ何かに気付き、拾い上げて、こちらに持ってきてくれました。


それがメッセージ入りのボトル「Message in a bottle」だったのです。




楽しみは後にとっておこうと(若干めんどくさいということもあり)、ひとまず自宅に持ち帰りました。


ボトルを手に取った嫁が、「そういえば私たちもやったよね。」とか、「昔、流したボトルに似てない?」とか言うんです。「砂も入れらなあかんって、あんた入れてたやん。」とか。




え!?




私たちが20年数年前に流したボトルを、子供たちが見つけてしまったとか、そんな展開だったらロマンチック過ぎるやろ出版できるやんとか考えながら、中に入ってる手紙を取り出そうとするも、クルクルっと巻いて入れた紙は中で広がるので、なかなか取れないんです。


割り箸を使って巻き上げて細くしようとするも、なかなかうまくいきません。


ボトルを割ろうかとも考えましたが、あまり気が進まず、なんとか頑張って取り出しました、嫁が。




で、結論から言うと、残念ながら、私たちが書い ものではなかったです。

内容は、昨年まで広報としてプレスリリースを書いていた私じゃなくても、突っ込みたくなる内容が盛り沢山でした。



・日付が記載されていない

いつ放流されたものかわからない。もしかすると、さっき放流したものかも知れない。


・放流場所が記載されていない

どこから放流したのかがわからない。もしかすると、ココから放流したのかも知れない。


・筆者名が記載されていない

おそらく2人で書いたものですが、誰が書いたのか、わからないから返答のしようがないですよ。


・未来の自分たちに宛てた手紙だった

じゃあ庭に穴掘って埋めたらええやん。そして、その時になったら掘り起こそうよ。




そんな内容でした。




手紙の内容は、敢えて公開せず、次の休日にでも、子供たちが拾い上げた場所から、もう一度、航海させようと思います。




おそらく100%に限りなく近い確率で、書いた人たちが拾い上げる事はないでしょうけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、嫁のリクエストで久しぶりに自宅で焼肉をしました。


めちゃくちゃ美味しかったのですが、身体(特にお腹)のことも考えて白米も口にせず、野菜も食べつだったからか、意外と早くお腹いっぱいになってしまい、どうしても残ってしまったんですよね、4枚だけ。


とても中途半端です。それくらい食べたらええやん的な量ですが、無理でした。




で、先ほど帰宅し、その4枚が冷蔵庫に残っていたので、昨夜以上の味にすべく調理料してみようと思った次第です。


とりあえず肉が柔らかくなるかなと、安易な気持ちで赤ワインをかけてみる。



フライパンを熱し、フランスかドイツか、しみっちゃんからお土産で頂いたニンニク入りのオリーブオイルをフライパンに少し。




で、塩コショー。

そして焼く。




いい感じ。




だし醤油と生わさびをつけていざ実食!



うんまー!!


けど、何故か家族で食べた方が美味しかったような気がします。

同じ素材でも、一緒に食べる相手によって味が変わるということなんですかね。


いや、調理の仕方でしょうね(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

完全に雨の予報だった日曜日、なんとか持ちこたえてくれるのを願いつつ、ゴルフコンペに参加しました。




28回目となる今回は、以前から行ってみたかった 大阪ゴルフクラブ で開催されるとのことだったので、とても楽しみにしていました。


曇ってて見えにくいですが、右側に海が広がる最高のシチュエーションです。




7ホール目あたりまでは、奇跡的にパーとボギーで持ちこたえていたのですが、途中、大雨と雷で中断して非難したりなどのアクシデントもあってか、毎度の大崩れで散々な(いつもと変わらない)結果になりました。




やっぱり練習に行くこととメンタルを鍛えないと上手くならないですね。


でもまぁ、大人が真剣に、あーでもないこーでもないと言いながら一日中楽しめるゴルフっておもしろい。




ランチ美味しかったです。




明日は元広報として、某局の取材対応があります。その報告もまたブログかSNSで出来ればと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりにプライベートな事なので、書くかどうか迷いましたが、残しておきたかったので。



数年前、義兄が癌になり、余命宣告をうけ、昨夜、他界しました。

57歳、まだまだこれからだと思っていたのに。


義兄と初めて会ったのは、私が17歳の時だから、かれこれ24年の付き合いになる。


そういえば、昔、思いっきり義兄に殴られて、眼球に傷が入って、最近まで痛むことがあった。それが原因かどうかわからないけど、左眼の視力がよくない。


振り返ってみると、若い頃は色々と衝突もあったけど、言葉では言い表せないくらいお世話になった。




義兄の息子が2歳か3歳くらいの時、義兄が息子を肩車しようとして失敗し、そのまま頭から地面に落下させてしまって。慌てて私が義兄の車を運転して救急で病院に連れていった事もあった。

その息子が、今はもう立派な大人になってて、仕事の関係で名古屋に住んでたけど、父親の身体を気遣って、大阪に帰ってくる決意をした。

最後の数日間は、今まで離れていた分、濃い時間を一緒に過ごせたんじゃないかな。




私の嫁の両親は、早くに他界していたので、私の子供たちにとっては、(ちょっと若いけど)おじいちゃんのような存在だったから、本当に辛いだろうなと思う。お通夜のあと、最後の夜だから一緒にいたいと帰ろうとしなかった。


明日は告別式。今までのお礼をしっかり伝えようと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、目まぐるしく変化する日常に流されまいと歯を食いしばりつつ、帰宅してから、ほんの一瞬だけでも、そんな日常を振り返る時間を大切にしています。「何のため」を忘れないために。


直近のプライベートなトピックは地元の運動会です。

こちらは、私の子供たちが出場した玉入れの写真ですが、遠過ぎて全くその臨場感が伝わりません。


もはや子供たちがどこにいるのかすらわかりません。


このイベントは、近隣の町と交流しつつ競い合うような田舎町特有の「連合運動会」改め「ふれあいカーニバル」という催しで、毎年この時期に開催されるのですが、ふれあいつつも競技は本気モードなんですよね。


おおよそ歳をとるごとに、お酒を飲みつつマッタリモードになっていくのですが、若い子たちと、町会や子供会などの役員は遊びと言えどな感じです。土地柄でしょうね。


私は既婚ですが「恋人さがし」という競技に出場しました。40歳以上限定というところにも策略を感じます。




この競技は、裏返しに置かれた札を見て、例えば「ロミオ」と書いてあったら「ジュリエット」の札を持っている女性を探し、見つけたら手を繋いでゴールを目指すという競技です。もちろん本気モードです。


「キムタク」と書いてある札を手に取ったならば、「静香」の札を振りかざす40歳以上の女性を探し、見つけたら、その人の手を引っ張ってゴールを目指すわけです。合法的にです。




子供からお年寄りまで楽しめる、そんな行事がある地元は、やっぱりいいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ